IPSコスメティックスの特徴

ホーム

IPSコスメティックスは肌環境の違いに着目し、
独自のスキンケア商品を発表

体の悩みは人それぞれに違いますが、なかでもアレルギー体質をお持ちの方は、
使える化粧品にも限りが出てくることで選びにくさを懸念されているのでは
ないでしょうか。

アレルギー体質であれば、コスメはipsコスメティックスが良い選択です。


肌の乾燥を防ぐ効果が高いipsコスメティックスは無添加で、無着色の処方で肌に
優しく潤いを与える効果があるため、敏感肌やアレルギー体質で、春先などに肌が
敏感になって今まで使用していたコスメが合わなくなる場合にはipsコスメティックスは最適なコスメです。

肌の悩み

このコスメは洗顔、美容液のシンプルなスキンケアを提案しており、昼間は紫外線、夜はターンオーバーで
美しい角質に生まれ変わるサポートを、昼と夜の環境の違いに合わせた仕様で皮膚を過酷な状態から守る
効果が期待できます。

昼も夜も

またipsコスメティックスは敏感肌やアレルギー体質の場合だけではなく、コラーゲンやエラスチンの弾力繊維を
年齢を重ねることで失い、肌にハリが減少したり、紫外線や肌の乾燥などの肌を取り巻く過酷な環境から
肌を守る効果が期待できます。

 

特殊な化学的な肌に負担となる物質は含まず、天然由来で肌に優しい成分のみを使ったコスメです。
肌の乾燥を防いで活力を肌に与えることができます。

洗顔後のヒリつきやかゆみ…敏感肌になる原因とは

健やかな肌状態を維持するために働いてくれるのが、細菌やホコリに紫外線等の刺激物質から皮膚を守るバリア機能です。
生体を保護するために備わっている機能ですが、その働きがあらゆる要因で低下をすることがあります。
十分に守る働きができなくなることで、些細な刺激に対してあらゆる敏感な状態をもたらすことになりますので、ピリピリ感や赤みにかゆみにも悩まされがちです。

最も際立つ要因は皮膚の乾燥状態であり、冬場の厳しい乾燥シーズンだけではなく、真夏でも室内はエアコンがフル稼働をするため乾燥しやすいですし、お風呂上りも水分が肌から失われていきます。

日本には美しい四季がありますが、季節は関係なく乾燥をする要因はたくさんあるため油断は禁物です。
年齢的なことも引き金となりますが、真皮や表皮は加齢とともに薄くなります。若い時期よりも弾力が失われるのは、弾力繊維のコラーゲンも低下をするためです。

紫外線に対しての防護力も弱くなりますが、メラニン細胞数も減少をするためであり、些細な刺激でも年齢を重ねた肌にはダメージになります。
紫外線対策をしないままで陽射しを浴び続けたり、皮膚に合わないコスメを継続使用するなど、適切とは言えないスキンケアも敏感肌になる原因です。

 

春先の肌荒れの原因のひとつ「花粉×バリア機能の低下」への対策

アレルギー体質が原因で起こる肌トラブルに悩んでいるという方は多く、季節の変わり目に起こる肌荒れなど人によって症状が異なります。
季節によって肌が乾燥しやすくなるため、肌のバリア機能を低下させないためにも紫外線や花粉対策をしっかり行うことも大切です。
一年の中でも特に肌荒れが起こりやすくなる時期といわれているのが冬から春にかけての季節です。

花粉によるトラブルや紫外線量が多くなる時期でもるので、毎年この時期は肌荒れが起こって辛い思いをしたことのある方は一度スキンケアを見直したり、生活習慣を改善していくことが非常に重要となります。
そもそも冬から春の季節にかけて起こる肌荒れの原因には、花粉や紫外線、ストレスなどが挙げられます。花粉というと鼻水や目のかゆみなどを引き起こすイメージを持っている方は多いですが、花粉によるトラブルの筆頭として挙げられるのが肌荒れです。

春は冬と同様に肌が乾燥しやすいため外部から皮膚を守るバリア機能が低下しやすくなります。
そのためちょっとした刺激でもダメージを受けてしまうデリケートな肌質になっている方が非常に多いのです。

そこで花粉が肌に付着してしまうと肌荒れを起こしやすくなってしまいます。 また春先は紫外線量が多くなる季節でもあるので、冬場に十分な紫外線対策を行わずにいるとダメージを受けてしまい炎症を起こしてしまう方も少なくありません。そのため紫外線対策は通年にわたって対策をするように心がけましょう。

そして最後の原因であるストレスですが、春の季節は就職や異動、引っ越しといった環境が大きく変化し新生活に突入するという方が増える時期でもあります。 生活の環境が変わるだけでも無意識の内にストレスが溜まっているという方は多いため、ストレスや疲労は肌の代謝機能が低下しやすく、バリア機能も弱まってしまう原因となるため肌荒れを引き起こしてしまいます。

また普段は時に肌荒れをしないという方で、季節の変わり目などある特定の時期のみ肌荒れを起こすという方を季節性敏感肌と呼びます。
これは花粉やほこりといった季節性アレルゲンが肌に付着することで炎症を起こし、肌に赤みが出て普段使用するスキンケア化粧品が合わなくなるなど敏感肌特有の症状が出る特徴があります。

春先は花粉症になりやすいという方はこの症状が強いため、普段のスキンケアではノンアルコールなど低刺激タイプのスキンケア化粧品でお手入れを行うようにしましょう。
外出後はクレンジングや洗顔で肌に付着した花粉を除去することはもちろん、保湿ケアを徹底して乾燥を防ぐようにすることが大切です。
また肌荒れの予防として、外出する際には花粉を付着させないためにもマスクの着用をしたり、日焼け止めを塗ることで外部刺激から肌を守ってくれる効果が期待できます。